メニュー

藤間恵都子の藤間流日本舞踊教室
稽古場:保土ヶ谷(横浜市)、高津(川崎市、世田谷区、二子玉川)

徒然エッセイ

久々に・・・

2018年04月06日

今月2日、一泊ですが、久しぶりの家族旅行に行ってきました。

宝塚歌劇団観劇と有馬温泉の旅!  実は同級生のお嬢さんである朝美洵(あさみじゅん)ちゃんが、バウホール公演でなんと!!主役を勤めているんです。

もうこれは現地観劇せねば!!と意気込んで早々に家族旅行を仕立てたところ・・・チケットが思うように手に入らず・・・・(>_<)

残念ながら本公演とバウホールとに家族分かれ分かれでの観劇と相成りました。朝美ちゃんの方は娘が見たいというので残念ながら譲りまして、私は旦那さまと宝塚大劇場へ。

でも本公演の方も、朝美ちゃんと共にうちに稽古に来たことがある桜木みなとさんが出演していた宙組でしたのでそれなりに意義のある観劇となりました。

思い起こすとまだ団員前の二人、1年ぶりに会う度毎に「おお~~~タカラジェンヌ~~!!」と思わず叫びたくなる位のオーラを増していきました。彼女たち自身の素材としての柔軟さを目の当たりにしながら同時に、宝塚歌劇団の教育の底力を感じたものでした。

もうすぐ彼女たちがトップとして活躍するのが見れるのか・・・と思うと待ち遠しいです!!

 

今回はとってもラッキーな事に満開の桜の旅でした。有馬温泉は初めて。

思ったほど派手ではない落ち着いた温泉街、御多分に漏れず、中国韓国の旅行者が多かったですが、ゆったりと、ホントに久しぶりにゆったりと温泉に浸かって・・・・。( *´艸`)

やっぱり息抜きは必要ですよね~~。お陰様で翌日の稽古は爽快!!  一段とリキ入りました!!

有馬温泉からの帰りは神戸へ。湊川神社へ行ってきました。

ここ、行きたかったんです!!!ヽ(^。^)ノ  実は今年9月のリサイタルで踊る「楠公」のその主人公・楠木正成が自刃した所で、お墓があるんです。ご神体も正に楠公さん。

後醍醐天皇を守り抜いた忠臣として、負けの戦を覚悟で出陣した忠義熱き武人として、竜馬や吉田松陰、水戸光圀、伊藤博文、大隈重信、など多くの時代の担い手たちから尊敬された正成・・・。

神主さんに説明を伺って、資料なども仕入れました。お守りも買っちゃいました。

これこそ神頼み・・(>_<)    

何とか踊りに活かせるように、これから勉強致します!!

<< | 徒然エッセイトップ |

▲ ページTOP