メニュー

藤間恵都子の藤間流日本舞踊教室
稽古場:保土ヶ谷(横浜市)、高津(川崎市、世田谷区、二子玉川)

徒然エッセイ

もう直ぐです。

2018年08月21日

本日、9月2日のリサイタルの下ざらいが終わりました。

いつもの事ながら、下ざらいが一番嫌です。一番緊張します。

でも、今回は「日追の径」に関わって下さっている花柳寿楽さんや、花柳基さん達、心強~

い助っ人がいてくれるので、ちょっと心穏やかでしたかね・・・・(>_<)

「楠公」は、やはり父性愛というのが、女性の(普段は男っぽいですが・・・)私にはなんか

ピーンと来ないっていうか、難しいです。堂々としている中で垣間見られる愛情・・・・。

もうひと踏ん張りです!!

「日追の径」は、作品自体に非常に力があるので、ひたすらその力にすがって、兎に角 自然体

を心掛けております。

相棒の基さんとも、好い作品を創りたいね、と話ながらやってますが・・・こうやって遠慮なく

一緒にものを創れる仲間に巡り会えた事って、ホントに幸せです。

兎に角、あともう少し、頑張ります!! 

 

<< | 徒然エッセイトップ |

▲ ページTOP