メニュー

藤間恵都子の藤間流日本舞踊教室
稽古場:保土ヶ谷(横浜市)、高津(川崎市、世田谷区、二子玉川)

徒然エッセイ

なぜ ピンポイント??

2018年10月04日

やっと涼しくなって、気が付けば10月・・・。

この秋のお彼岸は リサイタルで先日踊った「日追の径」の気分で夕日を眺めようかな・・・なんてセンチメンタルな事を考えていたのに、夕日を鑑賞する間もなく10月になってしまいました。(-_-;)

リサイタルを終え、台湾公演も何とか無事に終わって、月末の藤盛会もあの台風の日ではありましたが、一応舞台は無事終了。やっと今日の稽古から正常に戻りました。

な、わけでHPも更新する余裕?が出来たという訳です。

9月末に出雲へ行った帰りの飛行機での事。私の席26A、窓際でした。

機材遅れで出発がほぼ1時間位遅れての機内で、突然CAがきて「申し訳ございませんが、26A、Bのお客様にお願いがございます!!」って、ガン見して近寄ってきまして。

やっとお家に帰れる~~って、思って気が緩んでいた所に来られたんで、ちょっとびっくり!!

何やら23列の非常口の席に座ったのがお年寄りの二人連れで、その席と代わってくれ、ということなんです。拒否する理由もないので、代わっては見たものの・・・

非常口の席のシートポケットを見ると、「非常口にお座りのお客様へ」というカードあり!!

ふむふむ・・・何か緊急の時に補助する役目をしなくちゃいけんのですよね。

分かってはおりましたが、「なぜピンポイントで、26のABのお客様になるんだろ???」

という(・・?が沸き、「周りを見回せば着物の自分より、はるかに頼り甲斐のあるサラリーマンは沢山いるのに・・なぜ?」という(・・?が沸き・・・。

ゆったり、まったり帰ろうと思っていたのに、「非常口」の文字に心なしか緊張感を感じながらのフライトとなってしまった・・・・というお話でした。(/ω\)

 

 

<< | 徒然エッセイトップ |

▲ ページTOP