メニュー

藤間恵都子の藤間流日本舞踊教室
稽古場:保土ヶ谷(横浜市)、高津(川崎市)

稽古場の様子

日舞の稽古場ってどんなところ?

稽古場今では、ほとんどの方が日本舞踊の稽古場を見たことがないですよね。

 

上品で近寄りがたいところ? 厳しいところ?
何も知らないとダメなんじゃない?

 

などなど、想像が膨らんでしまうかと思いますが、、、

 

実際は、そんなところではありません(笑)

 

ですので、ここでは稽古場を飾りなくご紹介したいと思います。
でも実際は、来てみないと雰囲気はわからないと思いますので、
ぜひ見学にいらして見てください。(見学は、お問い合わせから!)

 

 

まずは稽古場に入ってみましょう

看板 
 保土ヶ谷稽古場の看板です。←の方へ駐車場の奥です
奥は入口
奥へ進むと入口です
入口 
 こちらが入口です
玄関
玄関先では履物を揃えましょう
稽古場の戸 
 向かって左側、稽古場の戸を開けて…
ご挨拶
先生と皆さんへご挨拶

 

最近の住宅は、畳の部屋がないことが多くなっていますが、
稽古場ではこのように、和室でのご挨拶や所作が、自然と身に付きます。

着物が着られなくても大丈夫です

着付け中
着替え場で、他のお弟子さんに教えてもらえます
着付け中2
初めは(汗)ですが、すぐ上手になります

 

着物に憧れがある方も多いと思います。でも、なかなか自分で着ることができないという不安も。
日舞の稽古では、毎回必ず着物を着ますので、何回も着るうちに素早く綺麗に着られるようになります。
それに一般の着付けより着崩れが少ないのです。…踊りは動きますので(健康にもいいですね)

稽古の始めは「お辞儀」から

お辞儀の仕方
初心者にはお辞儀の仕方からお教えします
日舞の基本
日舞での扇子の持ち方、立ち方、歩き方も

 

日舞を始めるといっても、何もかも初めて!という方のほうが今では多いのです。
ですので、お辞儀の仕方、立ち方から稽古を始めて、歩き方の稽古をしてから、簡単な動きの踊りを覚えることからお教えいたします。
以前に踊りを習ったことがある方には、様子を見て、その人にあった内容にしていきます。

どんな人がお稽古をしているの?

初心者
お稽古を始めたばかり。
映画で見た踊りに憧れて習い始めました。
初心者2
こちらも始めたばかりの方。
日舞は鏡を使わないので、姉弟子が横で踊ったりします。
長唄「手習子」

こちらは中学生。

長唄「手習子」という演目を稽古しています。

清元「流星」

清元「流星」を稽古している20代女性。

この踊りは難しいですがコミカルで楽しい演目です。

「宝船」
大人になってから日舞を始められた方もいます。
「宝船」を稽古中。
キャリアウーマン

外国にも出張に行く…

普段はキャリアウーマンだったりします。

名取りのベテランさん
こちらは、名取りのベテランさん。
中学生
こちらは25歳の声学家をめざす女性です。
20代

稽古場ナビゲーターとしても登場(笑)

20代です。

和気あいあいと稽古

いろいろな年代の方とも、和気あいあいと稽古できるのが

日舞の稽古場のいいところですね。

 

日舞の稽古場は『どんなお上品な人の集まりなんだろう?』と思っていましたか?(笑)
年代も様々ですし、長年稽古しているベテランや初心者、大学の日本舞踊学科を卒業している人や、学生さんからお勤めの方まで、背景も様々。ただひとつ共通しているのは『踊りが好き』ということ。
それだけで、いいんです。

ちょっと興味があるのであれば、一歩踏み出してください。
まずは見学で雰囲気を感じてみてください。(見学のお申し込みは、お問い合わせから)

 

 

 

▲ ページTOP