メニュー

藤間恵都子の藤間流日本舞踊教室
稽古場:保土ヶ谷(横浜市)、高津(川崎市)

プロフィール

練習風景ようこそ、藤間恵都子 です。
三代続いたれっきとした?ハマッ子です。結婚でもしたらどこかへ行かれるかなあと、思っていたら結婚相手も地元の人で、その夢は潰えました・・・。
保土ヶ 谷でじっくり腰をすえています。
母に厳しい(ほんとです)手ほどきを受けてもさして欲などなかったものの、大学での恩師との出会いがキッカケで俄然!踊りへの意欲に目覚めました。
以来大勢の方たちの応援で舞踊家の道を歩ませて頂いております。
思えば、20代の頃は師匠業より舞踊家をめざして!などと、生意気なことを申しておりましたが、他分野の方々とのコラボレーションや海外公演などを通し、 それまでより更に強く日本舞踊の持つワクワクする様な魅力を感じるようになりました。
そして折りしも、母校日大の講師として学生たちと共に、踊りと向き合うようになってからは、舞踊家として舞台から踊りの魅力を伝える事もさることながら、 先人達によって磨かれ洗練された日本舞踊の技術も、大切に伝えていかなければいけないのだ・・と思うようになりました。
そんな訳で今は踊ること、教えること両方を充分に楽しんでおります。 ただ・・・・、昔でいえば熱中先生のきらい有りで、踊りを語らせると熱いです!!なので、稽古もつい熱が入ってしまいます。(笑)だから、頑張り屋のお弟子さんが来てくれると、とってもうれしいです。大歓迎でーす!!!
この国の素敵な文化―――日本舞踊。もし、知らない世界に飛び込むのを臆していたら、もったいないです。

 

 

藤間恵都子(ふじまえつこ/本名:山本恵都子)プロフィール

藤間恵都子藤間流(勘右衛門派)師範。
(社)日本舞踊協会参与。
日大芸術学部演劇学科日舞コース講師。
母・藤間勘十代、藤間藤太郎に師事。

 

古典を大切にしながら、新しい作品への創造にも意欲的に取り組む。
何ごとにも古典で培 かわれた技術を使って表現することを心がけている。

 

文化庁インターンシップ研修生として地唄舞を研修。
NHK邦楽番組に出演、海外公演多数。
平成2年より現在まで、リサイタル「恵翔会」9回開催している。
韓国芸術総合学校の招聘講師を務めた。

 

主な受賞歴

1985年 日本舞踊協会新春舞踊大会大会賞
1986年 日本舞踊協会新春舞踊大会1位
1987年 日本舞踊協会新春舞踊大会1位・文部大臣奨励賞
1995年 花柳寿應賞第9回新人賞
1995年 舞踊批評家新人賞
2000年 平成12年度文化庁芸術祭優秀賞
2003年 松尾芸能賞新人賞
2007年 平成19年度文化庁芸術祭優秀賞

 

 

これまでの活動

母 勘十代に入門 藤間藤太郎に師事
1988年 NHK 芸能花舞台に「歌垣」にて初出演、1998年「女戻駕」、2000年「日月星-月-」
1989年 日本舞踊協会主催「日米舞台芸術交流ニューヨーク・ワシントン公演」に参加
1991年 リサイタル「恵翔会」を三宅坂国立劇場等で初開催、現在までに10回を数える
1992年 文化庁インターンシップ研修生に認定され地唄舞を研修
1997年 外務省後援で中南米公演
1998年

アナザーカンパニー主催公演「夏休み子供公演・日本舞踊の世界」に参加

以降、毎年この企画に参加、日本舞踊の普及に努める

 
2000年 三越名人会に「桜絵巻」にて初出演、2001年は「傀儡師」、2002年「八段目」、2003年「吉原雀」
2001年 日本大学芸術学部演劇学科講師に就任
2002年 外務省・国際交流基金モンゴル・韓国公演に参加
2003年 「水仙丹前」(NHK芸術劇場では1995年創作舞踊「吉原」、2001年「火の鳥」)
都民芸術フェスティバル江戸開府400年記念スペシャル「江戸の華TOKYOの華」に
「君が代松竹梅」にて出演
日本舞踊協会公演に「小鍛冶」にて出演
日本舞踊振興財団主催「パリ・リヨン公演」
創作舞踊公演「カルメン」にてカルメン役を踊る
国立劇場主催、江戸の舞踊「女伊達」
2004年 日本舞踊 協会公演に「茶筅売り」にて出演
日本舞踊創作グループ“01ステージ”を仲間とともに立ち上げ、赤レンガ倉庫1号館にて「・・・風の彩-今、花となれ」を発表する。
2005年 アジア舞踊祭で、タイ、バリ、韓国の舞踊家たちとコラボレート。
2006年 歌舞伎座 8月興行でアナザーカンパニーへの一員として新作「たのきゅう」を振付する。
初の試み!
2007年

創作舞踊劇場「予言―マクベスより」でマクベス夫人を踊る。

アジア舞踊祭で再びコラボレート。
第9回リサイタル「恵翔会」で「猩々」「小袖物狂」を踊り、芸術祭優秀賞を受賞。

2008年 セルリアン能楽堂主催公演で女流俳人・馬場あき子作「江口の夕べ」を再演。
日韓古典芸能の名作(横浜能楽堂主催)に「鶴亀」にて出演。
2009年 あかりアーツ公演で 韓国、中国の舞踊家とコラボレート。
協会新作公演で振付を担当。
2010年

韓国舞踊コンクールの審査員として韓国へ。
協会新作公演「新道成寺」で初めてお婆役に挑戦、好評を得る。
第10回リサイタル「恵翔会」を開催。

2011年 神奈川芸術劇場のこけら落とし公演及び、新作公演「かぐや」の制作として裏方から舞台を支える。
東日本大震災チャリティー公演(横浜能楽堂主催)に出演。
岩間プラザ夏休みワークショップ(四日間)を行い好評。
国民文化祭京都で京都歌舞錬場にて「鶴亀」を踊る。
2012年 協会新作公演「メロス」で暴君役に挑戦。
前年に続き岩間プラザ夏休みワークショップを行う。
創作舞踊「カルメン」
創作舞踊「カルメン」
「猩々」
「猩々」

 

俳優さんの所作指導や、小曲の振り付けも行っております。

詳しくは、お問い合わせください。

 
▲ ページTOP