メニュー

藤間恵都子の藤間流日本舞踊教室
稽古場:保土ヶ谷(横浜市)、高津(川崎市、世田谷区、二子玉川)

徒然エッセイ

頑張ったです。11月!

2019年12月02日

気が付けば、もう12月。( ´Д`)=3 フゥ 早い・・・。

兎に角11月は忙しい月でした。踊ってないのに忙しいって,なんでだろう??なんでだろう♬って、なんかお笑い見たいですが。( *´艸`)

16日は師匠の会で「隅田川」。今回は芝居の比重が大きいものだけに、稽古の回数より集中力在りき。

ひたすら役に集中! おかげ様で、皆さん もらい泣きして下さった方も多かったらしく・・・、無事終えたかな・・・と。勿論色々と反省点はありますが、「今回は作品自体のもつ力に素直に寄り添っていこう」、という目標は出来たのではと思っています。

又、共演してくれた花柳基氏の上手さというか、気心しれた相手との安心感というのか・・・を改めて実感。役者を頼んだらこんな風には噛み合わなかったろうな・・・と。

演技中にこちらのテンションが下がりそうになれば、あちらがしっかり持ち上げてくれるし、それが、私のテンションになって再度復活できて・・・なんて、本人にしか分からないことなんですが、50分位の作品のやり取りの中で、こんなシーソーゲームがあるんです。

 

23日は大学で受持つ二年生の創作舞踊公演でした。

絵本「えんとつ街のプペル」を題材にした作品。はじめての創作なので、無理ないとは言いながら、最初は何にも振りが出てこない・・・・。(;´∀`) 

こんな状態で舞台に乗せる作品が出来るのだろうか?と、内心焦る・・・。

でもここが指導者の辛い処で・・不安そうな顔は出来ませぬ。  

結果はオーライ!   なんと好評!!

思いの外、いい感じのまとまった作品にはなりまして。原作の力ではありますが、学生達も大きく成長したようです。

毎年毎年 何回やってもじ寿命が縮む思いではあります。

 

24日は神奈川県支部の「邦舞祭」

今回は前日のそれの為 踊らずに、支部アーカイブの司会で参加。

ほぼアドリブの司会で、冷や汗流しながらも何とか終了!!(^_-)-☆

 

翌日、早くも来年の協会公演の1っ回目の稽古で若柳のお家元との稽古。・・・・なのにまだ全然振りを覚えていなくて徹夜で覚えて・・・・・何とかクリア!!  ( ´ー`)フゥー...

「もっと早くやっておけっ!」っていう事ですよねー(;´∀`)

これにて11月のお仕事コンプリート!!!   (^^♪

 

今月から来年の稽古も始まり、また年賀状を焦らないようにしヨッっと・・・と、

今は思っている次第…です。( *´艸`)

 

 

<< | 徒然エッセイトップ |

▲ ページTOP